優良補修・改修工法等評価事業

 優良補修・改修工法等評価事業とは、優良な補修・改修工法等の開発を促進し、補修・改修工事等への普及を促進することを目的に、補修や改修等に関する先端的な材料・工法及び設備機器などを「経済性」・「保全性」・「施工性」・「環境性」の4つの分野について第三者の立場から評価し、評価結果を公表・周知する事業です。

 

評価の対象 

補修・改修に関連する材料、工法及び設備機器等

(検査機器を含む)

評価項目

@経済性 A保全性 B施工性 C環境性 (複数の選択も可)

評価の有効期間

5年間(評価の更新も可能)

評価結果の公表

BELCA機関誌及びホームページへの掲載、BELCA資格者(建築・設備総合管理士建築仕上診断技術者建築設備診断技術者建築・設備総合管理技術者)への周知

評価委員会

 委員長

坂本  功

東京大学 名誉教授

  委員

川瀬 貴晴

千葉大学大学院グランドフェロー

北山 和宏

首都大学東京大学院教授

清家  剛

東京大学大学院准教授

長谷見雄二

早稲田大学理工学術院教授

南  一誠

芝浦工業大学教授

 常任専門委員

小川 晴果

株式会社大林組

横手 幸伸

清水建設株式会社

   
 優良補修・改修工法等評価事業 実施要領はこちら

 

評価された技術はこちら

評価の申込みをされる方はこちら

 

問 合 せ 先

 公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA) 事業推進部

 TEL03-5408-9830  FAX03-5408-9840  E-Mail: belca@belca.or.jp