株式会社奥村組

■会社情報
本社所在地
545-8555
大阪市阿倍野区松崎町
2-2-2
ホームページ
http://www.okumuragumi.co.jp/
事業内容
建設工事の設計・施工
建設コンサルタント業務
都市再開発事業
不動産事業 など 

■ビルのロングライフ化に向けた取組み

@取組みの基本方針
建築物を資産として有効利用しつつ、そのロングライフ化に努め、持続可能な社会の形成に貢献します。
 奥村組は、「“人と地球に優しい環境”の創造と保全を目指す」という基本理念に基づき、建物のロングライフ化に取り組み、良質なストックの蓄積によって持続可能な社会を形成する一助となるように努めています。
建築物のライフサイクル(企画・設計・建設→運用管理→解体)の各過程において、新しい技術・機器・部材等の開発・活用を図りつつ、物理的劣化、ニーズ の変化、技術革新等に対応しつつ適切にマネジメントして、建築物のロングライフの実現に努めます。
奥村組は、ロングライフビルの新築企画はもとより、既存建築物のロングライフ化についても診断・評価から耐震・省エネ改修、用途変換まで対応いたします。また、お客様の建物ごとに「建物カルテ(修繕・改修記録等)」を作成しており、工事竣工後も長期修繕計画の立案から設備機器の更新等に至るまで、お客さまのニーズに沿ったサポートを行えるよう備えています。
建築物の企画・設計・建設に関し、建築物のライフサイクルにわたるコストの低減、環境負荷の縮減、維持保全の容易性とフレキシビリティの確保に努めます。
奥村組は、建築事業の企画・計画に際して、建物の地震に対する安全性やライフサイクルコスト、ライフサイクル環境負荷(CO2排出量)の評価に至るまで、各種のエキスパートシステムを駆使して、お客様のあらゆるご相談(長寿命化や運用コストの低減、環境負荷対策等)にお応えします。
建築物のロングライフの実現に向けた適切なライフサイクルマネジメントのために、不断に、企画力・技術力の向上、人材の育成に努めます。
奥村組のシンボルマークは「人」を象徴したものです。当社は、企業行動規範に「安全で働きがいのある環境を確保し、個性・創造性を大切にする企業風土を醸成する。」ことを掲げ、社員一人一人の技術力の向上に努めています。

Aビルのロングライフ化に関係する事業
 奥村組は、様々なお客様のニーズに応えつつ、付加価値を高めるトータルソリューションを提供することにより、お客様に満足いただけるリニューアル(ビルライフケア)事業を展開してまいりたいと考えています。建物は年を経るにつれて、劣化や汚れなどの老朽化・機能低下が進行していきますが、適切に手入れを行うことで長期に亘り快適に使用することもできるようになります。当社はこのような維持・修繕の領域から、建物の機能や付加価値をより一層向上させる高度かつ大規模なリニューアルに至るまで、総合建築業として長年培ってきた信頼の技術力をフルに活用し、お客様に安心・満足していただけるトータルソリューションをお届けいたします。
奥村組のリニューアルに関する事業の詳細については、以下のホームページをご覧下さい。

http://www.okumuragumi.co.jp/renewal/index.html


Bビルのロングライフ化に関係する資格者
●BELCA資格保有者数
建築仕上診断技術者 13
建築設備診断技術者 6
●その他の資格者数
・特殊建築物等調査資格者 9人
・1級建築士 387人
・構造設計1級建築士 29人
・設備設計1級建築士 11人
・建築設備士   16人
・1級建築施工管理技師 580人
・1級管工事施工管理技士 82人
・1級電気工事施工管理技士 74人
・電気主任技術者 36人
・建築設備検査資格者   10人
・技術士(建築系)   8人
・建築物環境衛生管理技術者   2人
・マンション管理士   2人

Cビルのロングライフ化に関係する技術
●大地震に備える 〜地震に強くするためには〜
耐震診断
耐震改修
免震レトロフィット
鋼板ブレース内蔵プレキャストコンクリート板工法
超高強度繊維補強コンクリートブロック工法
ポータルグリッド(PG)工法
省アンカーアウトフレーム耐震補強工法
事業継続(BC)支援
●省エネで維持費(ランニングコスト)を削減
省エネ診断
パッシブリズミング空調
屋上緑化システム「ミドリンラップ」
エネルギー管理システム(BEMS)「エネスケール」
●環境にやさしい建物に 〜環境負荷の低減をお手伝いします〜
低炭素・省エネルギー対策
環境保全対策
省資源・長寿命対策
●建物の魅力と価値の向上
外装・内装を一新してイメージアップ
コンバーション(用途転換)
歴史的建物の保存
快適性の向上
IT対応
バリアフリー対策
    セキュリティ対策

Dビルのロングライフ化に関するその他の情報
 一般構造の建物では、大きな地震が発生した際には地震の揺れが建物に直接伝わるため、建物やその内部に大きな被害が発生するおそれがあります。「免震建物」ではそれらのリスクを大幅に抑えるとともに、安全・安心を得ることが期待できます。奥村組は、1985年11月に実用建物として日本初の(財)日本建築センター免震構造評定を取得し、1986年に免震ビル「奥村組技術研究所管理棟」を完成。以来、さまざまな先進技術を開発、実用化してきました。研究施設や病院、商業施設、マンションなど日本各地でその技術力が実証され、信頼を築き上げています。
 奥村組の免震に関する事業の詳細については、以下のホームページをご覧下さい。

http://www.menshin-okumura.com/