評 価 実 績

 優良補修・改修工法として評価された工法等を紹介します。


NEW

評価
番号

BELCA-YR-0006(更新)

工法名

ハイブリッドクイック工法

D'sハイブリッドクイック工法)

申請者

株式会社 ホリ・コン

大和ライフネクスト株式会社

評価
項目

経済性、施工性

評価
結果

特に優れている評価書

評価
内容

 この工法は、タイル外壁の浮き・剥離の補修・改修工事おいて、MF-1ドリル(湿式超低騒音ドリル【ハイブリッド仕様】)を用いて、確実な孔内洗浄穿孔(接着性の向上)、特殊注入ノズルを用いて、孔最深部からの確実な樹脂注入を行うことにより、施工品質(剥落防止)の向上、作業環境の改善、施工日数の短縮化、仮設費や諸経費の低減が図れる。

また、冷却水供給タンク及び電動バキューム装置との連動により、圧力の安定と作業員の負荷の低減が図られている。

 さらに、当該技術が「特に優れている」という評価を取得して概ね5年以上が経過しており、引き続き当該技術を用いた充分な使用実績があること、当該技術が当初評価申請後から性能の低下を及ぼす変更がないこと及び品質保証を適正に実施している。

問合先

株式会社 ホリ・コン 技術部

TEL03-3500-3971

詳 細

http://www.horicon.jp

         


NEW

評価
番号

BELCA-YR-0007

工法名

スマートタイルセイバー

申請者

株式会社 竹中工務店
有限会社 スギテック

評価
項目

経済性

評価
結果

優れている(評価書

評価
内容

 本技術は、湿式タイル張り仕上げ外壁建築物の赤外線装置法による外壁調査結果の熱画像処理・解析ソフトである。適切な条件のもとに赤外線カメラで撮影された熱画像に対し、外壁タイル面熱画像データをタイル自動割付機能により正確なタイル数に分割し、更に独自のアルゴリズムを用いた浮きタイル判別機能により浮きタイルを自動的に判別することが、一連のシステムとして可能となり、分析に要する時間・人工の低減が図れる。

問合先

株式会社竹中工務店 技術本部 知的財産部 TEL. 03-6810-5692

詳 細

https://www.takenaka.co.jp/solution/future/smarttile/index.html



評価
番号

BELCA-YR-0002

工法名

ニュークイック【HORICON】工法

申請者

株式会社 ホリ・コン

評価
項目

経済性、施工性

評価
結果

優れている(評価書

評価
内容

 この工法は、タイル外壁の浮き・剥離の補修工事において、MF-1ドリル(湿式超低騒音ドリル)を用いて穿孔、特殊注入ノズルを用いて樹脂注入することにより、作業環境の改善、施工日数の短縮化、仮設費や諸経費の低減が図れる。

問合先

株式会社 ホリ・コン 技術部

TEL:03-3500-3971

詳 細

http://www.horicon.jp



2022.07.29更新