大成建設株式会社

■会社情報
 
本社所在地
163-0606
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル
ホームページ
http://www.taisei.co.jp/
主な事業内容
・建築工事
・土木工事
・機器装置の設置工事
・開発(地域開発・都市開発・海洋開発・資源開発等)
・同上企画・設計・監理・施工
・エンジニアリング・マネジメント及びコンサルティング等

■ビルのロングライフ化に向けた取組み
  
@取組みの基本方針
建築物を資産として有効利用しつつ、そのロングライフ化に努め、持続可能な社会の形成に貢献します。(BELCA宣言第1項)
 建物維持保全のための診断(耐震・省エネ・長期修繕計画)や事業変更・社会的なニーズの変化に伴うリノベーション等、お客様のニーズに対応すべく適格な技術を幅広く提案し、建物所有者を技術的にサポートします。
建築物のライフサイクル(企画・設計・建設→運用管理→解体)の各過程において、新しい技術・機器・部材等の開発・活用を図りつつ、物理的劣化、ニーズ の変化、技術革新等に対応しつつ適切にマネジメントして、建築物のロングライフの実現に努めます。(BELCA宣言第2項)
 建築物のライフサイクルの各フェーズにおいて、本業である設計・施工はもちろん企画、運用管理に至るまで建物所有者・使用者の立場にたった真のニーズを捉え、建物の物理的・機能的・社会的な劣化の延長をより確かなものにするために、維持向上に資する有効な手段を提案します。
建築物の企画・設計・建設に関し、建築物のライフサイクルにわたるコストの低減、環境負荷の縮減、維持保全の容易性とフレキシビリティの確保に努めます。
(BELCA宣言第3項)
 当社は過去の様々な実績から得た知識より、建築物ライフサイクルにわたるトータルコストの低減方策や、環境負荷縮減ための最先端技術をお客様に提供いたします。
建築物のロングライフの実現に向けた適切なライフサイクルマネジメントのために、不断に、企画力・技術力の向上、人材の育成に努めます。(BELCA宣言第4項)
 建築物のロングライフ化の実現が持続可能な社会の形成に貢献するというBELCAの趣旨に賛同し、人財こそが財産との当社共通理念のもと社内外の教育に積極的に取り組んでいます。
 


Aビルのロングライフ化に関係する事業
 ビルのロングライフ化には、機能を維持する「修繕・更新」工事はもちろんのこと、社会的劣化を解消して資産価値を高める(オフィスビルでは周囲のビルとの競争力を回復、向上させる)「改修(リニューアル)」工事が必要不可欠です。
 様々な要因から生じたリニューアルニーズを表面的なものだけでなく根底にあるもの(真のニーズ)も引き出すところからはじめ、ソフト・ハード両面の現状「調査・診断」 〜 「企画・計画」 〜 「設計」 〜 「施工」、改修工事後の「運用支援」まで、あらゆるフェーズにおいて技術提供しながらトータルにリニューアルプロジェクトを支援します。

 

           ≪トータルにリニューアルプロジェクトを支援≫

  

 

 

Bビルのロングライフ化に関係する資格者
●BELCA資格保有者数
建築仕上診断技術者 35人
建築設備診断技術者 11人
建築・設備総合管理技術者 5人
●その他の資格者数)
・1級建築士 2,476人
建築設備士 412人
・構造設計1級建築士 126人
・設備設計1級建築士 92人
・1級建築施工管理技士 2,627人
・1級管工事施工管理技士 500人
・1級電気工事施工管理技士 400人

 


Cビルのロングライフ化に関係する技術
 ●省エネルギー関係
・コンパクトダブルスクリーン 「T-Façade Air」
自然光や眺望を取り込んだ美しいデザインと高い環境性能を両立させたファサード技術
 ・医療品工場等向けクリーンルーム 「T-Hazard Barrier」
ハザード対応機能とクリーンルーム機能を併せ持つクリーンルーム
・空調エコダクト
 環境にやさしく施工効率がよい、段ボールにアルミニウムをコーティングした空調ダクト
・場所打ち杭を利用した地中熱空調システム
外気温度より夏は低く、冬は高い地中の熱を冷暖房に利用した低コストで省エネルギーな空調システム
・調光天井 (ETFEフィルム)
ガラストップライト下にフィルムパネルをクッション状に並べた簡易な日射制御装置
・天井吊り型パーソナル空調・設備ユニット 「T-Personal Air」
パーソナル空間の快適性と省エネ、施工性向上を両立させる個別空調システム
・薄層屋上・壁面緑化
建物の省エネルギー、景観向上等を図り、ヒートアイランド現象を防止する計画・設計技術
・誘導・案内システム 「ナビメイト」
無線ICタグ(RFID技術)を用いて施設内の誘導・案内を行うことができるナビゲーションシステム
・超省エネ自動環境制御システム 「T-Zone Saver」
人を検知して照明・空調を最適制御
・ZEB実証棟 「T-Green BEMS」
エネルギーの見える化/管理/分析/制御をオールインワンで提供
・大成オリジナルLED照明
国内最高水準のエネルギー効率・演色性、埃の溜まらないフラット形状、メンテナンスフリーを実現
・洗浄可能な空調機 「TAS Clean」エアハン
クリーンルームの空調用エネルギーを削減し清浄性。洗浄性・メンテナンス性を向上
・太陽光採用システム「T-Soleil」
建築空間に太陽光をふんだんに採り入れる採光システム
・北国空調システム
寒冷地における自然エネルギー利用空調システム
・無線制御システム(照明) 「T-Green Wireless」
照明のON/OFFや調光をリニューアルにも最適な無線技術で制御
・有機薄膜太陽電池外壁ユニット
有機薄膜太陽電池の特長を活かして、デザイン性の高い外壁を実現
 ●省資源関係
・三次元レーザスキャナ計測・図面化システム
レーザ光を用いた三次元測量による構造物の図面化システム
・発泡スチロール骨材(Tepsa)利用技術計画
ESP(発泡スチロール・ESP骨材Tepsa)の利点(超軽量・断熱性等)を活かし、骨材化して利用する技術
・球体パノラマ画像システム 「T-Siteview」
既存施設における天井や天井設備の地震対策に必要な、調査および対策の提案を分かりやすく効率的に行うシステム
・長スパン梁T-POP構法
超軽量の長大スパン・プレキャストコンクリート梁、「高密度配線タイプ」の設計・施工法
 ●長寿命関係
・高性能架構技術 「(高強度高性能鉄筋コンクリート梁)・(高性能制振間柱システム)」
地震時における損傷を大幅に低減し、高付加価値の鉄筋コンクリート建物を実現
・ハイブリッドブレースダンパー
小さな風揺れから大地震時の大きな揺れまで対応可能な複合制振ダンパー
・縦格子鋼板補強工法 「T-Grid」
縦横グリッドを基調としたデザインで、建物を使いながらの施工に対応した鋼板パネルによる耐震補強
・知的制振システム 「TASMO」
高いエネルギー吸収力がフレキシブルな空間を生み出す、新しい制震技術
・超高強度コンクリート
国内最高クラスの設計基準強度(Fc)150N/mm2の超高強度コンクリートを本格適用
・超高強度繊維補強コンクリート 「ダクタル」
鉄筋が不要で超高強度、高耐久性、意匠性に優れた次世代型コンクリート
・超高層ビルのバリューアップに最適な制震技術 「T-RESPO構法」
柱・梁を補強することなく既存超高層建物の地震時の揺れを低減し、大地震時の長周期地震動に対する性能を向上させる制震化構法
・複合免震構法 「ハイブリッドTASS構法」
・建物内雷電磁環境シミュレーションシステム 「T-lightning Internal」
落雷によるIT機器の被害を大幅に低減
・高性能上下免震床システム 「TASS floor-3D」
高性能上下免震床を組み合わせることで、水平方向の揺れのみならず、上下方向の揺れに対しても大きな免震効果を発揮
・自動ラック倉庫制震装置 「ラック制震ユニット」
ビール業界標準のパレットサイズに対応した自動ラック倉庫
・既存天井の落下防止技術 「T-Ceiling」
従来の工法と比較して、短期間かつ低価格で施工可能な既存天井の落下防止措置技術
 ●有害物質処理・廃棄物処理関係
・アスベスト無人化施工
遠隔操作によりロボットを操作し、迅速かつ安全にアスベストを除去
・マルチバリア工法
原位置で多様な複合汚染地下水に対応可能な浄化工法
・注水バイオスパージング工法
ベンゼン(石油系炭化水素)やシアン化合物を対象とした最新の原位置微生物浄化工法

     ※さらに詳しく技術を知りたい場合は、大成建設ホームページより技術名で検索をしてください。

 

Dビルのロングライフ化に関係するその他の情報

ZEB 実証棟(ZEB : Zero Energy Building)

 この建物は、建物単体で年間の1次エネルギー収支をゼロとする、「都市型」としては世界で初めて試みです。照明・空調における新システムの開発や従来技術の効果的な組み合わせにより年間エネルギー消費量を一般的なオフィスビルと比べて75%削減するとともに残り25%分を、屋上面の結晶系太陽光発電パネルに加えて壁面に設置した有機薄膜太陽光発電パネル(三菱化学鰍ニの共同開発)の創エネにより賄うものです。

 また、「建築物省エネルギー性能表示制度(Building Energy-efficiency Labeling System」が創設され、この建物は、その新制度で初めてとなる最高ランクの「☆☆☆☆☆」の評価を取得し、平成26年度地球温暖化防止活動 環境大臣表彰(対策技術先進導入部門)」を受賞しました。