建築設備診断技術者とは

 

 

 

 メンテナンス時代において、診断の重要性が益々高まっています。
 「建築設備診断技術者」は、建築設備(昇降機を除く。)の物理的劣化、社会的劣化について総合的に診断し、建築設備の適正な保全に資する技術者です。

 建築設備診断は、定期的な実施の他、保守を通した不具合等の発生や法定の定期調査・定期検査の結果に基づき実施し、建築設備の機能・性能に関する情報を収集する節目のプロセスであり、修繕・更新・改修の計画の起点として、保全の要となるものです。

 「建築設備診断技術者」は、本協会が提供する「建築設備診断業務指針」を標準として診断業務を実施することで、診断の品質を確保します。

 「建築設備診断技術者」の資格は、建築設備とその診断に関して体系的にカリキュラムが組まれた本講習を受講し、講習の修了が認められ、公益社団法人ロングライフビル推進協会及び一般財団法人 日本建築設備・昇降機センターに登録された者に与えられます。

 

 
1.平成28年度 建築設備診断技術者資格取得講習

 平成28年度建築設備診断技術者資格取得講習は終了しました。

(ご参考:平成28年度講習案内・申込書→ こちら )
  建築設備診断技術者講習結果発表  → こちら


2.平成28年度 建築設備診断技術者 更新登録 → こちら


3.建築設備診断業務指針 → こちら


4.建築設備診断技術者資格者名簿 → こちら


5.建築設備診断技術者資格制度実施要領 → こちら
   (平成282月改正)

   (参考)旧 建築設備診断技術者資格制度実施要領はこちら


登録事項変更届→こちら
(建築設備診断技術者の方で、自宅や勤務先などを変更した場合は、登録事項変更届にご記入の上、BELCAあてFAX等でお送り下さい。また、BELCA Letter(電子版)等をお送りしますので、メールアドレスの変更もお忘れのないようお願いいたします。)

問 合 せ 先

 公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA) 資格推進部

 TEL03-5408-9830  FAX03-5408-9840  E-Mail: belca@belca.or.jp

Copyright © 2011 BELCA All Rights Reserved.