BELCA賞とは

 

BELCA 賞は、長期にわたって適切な維持保全を実施したり、優れた改修を実施した既存の建築物のうち、特に優秀なものを選び、その関係者を表彰することにより、わが国におけるビルのロングライフ化に寄与することを目的とする表彰制度です。
 
 賞はロングライフ部門とベストリフォーム部門の2部門からなり、ロングライフ部門では、長期使用を考慮した設計のもとで建設されるとともに、長年にわたり適切に維持保全され、さらに今後相当の期間にわたって維持保全されることが計画されている 模範的な建築物を表彰し、ベストリフォーム部門では社会的・物理的な状況の変化に対応して、今後の長期使用のビジョンを持って、蘇生させる、もしくは飛躍的な価値向上等をさせるリフォームがなされた模範的な建築物を表彰します。

 賞の選考は、学識経験者と建物所有・設計・建設・設備・メンテナンス分野の実務に精通した委員からなる「BELCA賞選考委員会」により行われ、両部門合わせて10件以内で表彰建築物が決定されます。

 受賞建築物の所有者には文化勲章受章者である故 帖佐美行氏作の賞牌が贈られます。

  

受賞建築物に贈呈されるBELCA賞の賞牌

◆第26回BELCA賞の募集についてはこちら

 

◆第25回BELCA賞受賞建築物についてはこちら

 

◆これまでのBELCA賞受賞建築物についてはこちら

 

◆BELCA賞のパンフレットはこちら

  

 

問 合 せ 先

 公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA) 情報管理部

 TEL03-5408-9830  FAX03-5408-9840  E-Mail: belca@belca.or.jp