優良補修・改修工法等評価事業

 公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA)では、優良な建築ストックの形成に向けて、建築物のロングライフ化に取り組んでいます。

 建築物の維持保全段階においては、補修や改修が必要不可欠であり、これらに関する材料、工法、設備機器等の技術の開発と優れた技術の社会への適切な導入は、ストック型社会に向けてさらにその重要性が高まりつつあるといえます。

本事業は、補修や改修に関する優れた技術を評価し、これを広く社会に紹介する公益事業です。

 

評 価 事 業 の 概 要

 評価事業の概要については、以下をご参照下さい。

評 価 対 象

補修・改修に関連する材料、工法及び設備機器等(検査機器を含む)

評 価 項 目

@ 経済性  A 保全性  B 施工性  C 環境性

経済性、保全性、施工性、環境性のうち、特に優れた項目(複数可)を評価する。

評 価 内 容

下記の2段階での評価

  @ 特に優れている  A 優れている

*法令適合、日常安全、環境配慮等の基本事項を満足していることが前提

評 価 費 用

11項目の評価の場合は50万円

評価項目を1項目追加するごとに30万円増

(申込料は別途5万円) ※ 別途消費税がかかります

有 効 期 間

5年間

評価取得のメリット

(評価結果の広報)

BELCA機関紙及びBELCAホームページへの掲載等

カタログ等でBELCAが評価したことを表示可能

評 価 申 込

随時受け付け

申し込み要領は、下記の依頼マニュアル等参照

 

評 価 事 業 の 特 色

○建築ストックのロングライフ化という視点に基づく評価事業

○今後ますます重要となる、補修・改修工法に限定

○建物所有者や設計者が、関心の高い4項目

  (経済性、保全性、施工性、環境性)についての評価

○個別項目評価であり、多様な改修場面での採用の参考

○評価した技術を1万人の資格者に周知

  BELCA資格者(10,000)への展開

  (建築・設備総合管理技術者建築仕上診断技術者

   建築設備診断技術者

BELCA機関紙、ホームページ等による周知

BELCAマーク 】

hyouka

建築物をロングライフ化するために必要な修繕・更新・改修による性能水準をイメージする矢印をデザインした。

 

評 価 の 流 れ

 受付審査基準を満足した技術に対する評価の流れは次の通りです。

 詳細につきましては、関係資料の「依頼マニュアル」をご覧下さい。

@申 込

 

A受付審査

 

B評 価

 

C交 付

 

D普 及

 

 

 

 

事前打合せを行い、評価依頼書及び審査図書を提出します

評価委員会において内容説明を行い、受付の審査を行います

評価・専門委員会での具体的な説明、質疑応答により評価を行います。

評価書・評価報告書が発行されます。(有効期間は5年間)

BELCA機関紙やホームページ等、関係者への普及活動を行います。

 

関 係 資 料

 評価は、以下の実施要領に基づき行われます。

  ○ 優良補修・改修工法等評価事業 実施要領

PDFファイル

 評価取得に向けた手続き等については、以下の依頼マニュアルに記載しております。

  ○ 優良補修・改修工法等評価事業 依頼マニュアル

PDFファイル

 申込等に必要な様式については、以下よりダウンロードできます。

  ○ 評価依頼書

Wordファイル

  ○ 技術概要説明書

Wordファイル

  ○ 指摘事項回答書

Wordファイル

 

評 価 費 用

 評価にかかる費用には、受付審査にかかる申込料とその後の評価にかかる評価費用があります。

  ○ 評価料等規程

PDFファイル

 

評 価 実 績

これまで優良補修・改修工法として評価された工法等を紹介します。

評価番号

BELCA-YR-0005(更新)

工法名

ハイブリッドクイック工法

DSハイブリッドクイック工法)

申請者

株式会社 ホリ・コン

株式会社 ダイワサービス

評価項目

経済性、施工性

評価結果

優れている(評価書

評価内容

 この工法は、タイル外壁の浮き・剥離の補修工事において、MF-1ドリル(湿式超低騒音ドリル【ハイブリッド仕様】)を用いて確実な孔内洗浄穿孔、特殊注入ノズルを用いて孔最深部からの樹脂注入を行うことにより、施工品質(接着強度)の向上、作業環境の改善、施工日数の短縮化、仮設費や諸経費の低減が図れる。

 なお、冷却水供給タンク及び電動バキューム装置との連動により、圧力の安定と作業員の負荷の低減が図られている。

問合先

株式会社 ホリ・コン 技術部 八武崎

TEL03-3500-3971

詳 細

http://www.horicon.jp

評価番号

BELCA-YR-0003(更新)

工法名

耐火ブロック工法 ロクマル

申請者

株式会社 古河テクノマテリアル

評価項目

施工性

評価結果

優れている (評価書

評価内容

評価工法は、防火区画のケーブル等の貫通部に耐火ブロックを充填し延焼を防止するものであり、電気工具や特殊な作業が不要なことから、施工、解体、再施工が容易であり、改修時の施工性が向上する。

問合先

株式会社 古河テクノマテリアル 防災事業部市場開発部 市場開発課

TEL : 0463-24-9341  FAX : 0463-24-9346

詳 細

http://www.furukawa-ftm.com/bousai/topics/60mbkabe.htm


評価番号

BELCA-YR-0002(更新)

工法名

ニュークイック[HORICON]
工法

申請者

株式会社ホリ・コン

評価項目

経済性、施工性

評価結果

優れている (評価書

評価内容

この工法は、タイル外壁の浮き・剥離の補修工事において、MF-1ドリル(湿式超低騒音ドリル)を用いて穿孔、特殊注入ノズルを用いて樹脂注入することにより、作業環境の改善、施工日数の短縮化、仮設費や諸経費の低減が図れる。

問合先

株式会社 ホリ・コン 技術部

TEL : 03-3500-3971  FAX : 03-3500-3972

詳 細

http://www.dgp-horicon.co.jp/profile/index.html


評価番号

BELCA-YR-0001(更新)

   <改修前>    →    <改修後>

工法名

TOTO和洋リモデル工法

申請者

TOTO株式会社

評価項目

施工性

評価結果

優れている (評価書

評価内容

この工法は、既存の和風便器の給排水管等を残して活用することにより工期が短く(2日間で完了)、また対象階のみの工事が可能であり、下階に影響を及ぼさない。

問合先

TOTO株式会社 リモデル営業推進部 パブリックリモデル営業推進グループ

TEL : 03-5451-1194  FAX : 03-5451-1097

詳 細

http://www.toto.co.jp/products/public/p00001/index.htm


 

 

 

 

評価委員会名簿(平成233月)

委員長

委員

 

 

 

 

常任専門委員

 

 坂本  功

 川瀬 貴晴

 北山 和宏

 清家  剛

 長谷見雄二

 南  一誠

 小川 晴果

 横手 幸伸

東京大学 名誉教授

千葉大学大学院工学研究科建築・都市科学専攻建築学コース教授

首都大学東京大学院都市環境科学研究科建築学域教授

東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻准教授

早稲田大学理工学術院教授

芝浦工業大学工学部建築学科教授・学長補佐

株式会社大林組 技術研究所生産技術研究部上級主席技師

清水建設株式会社 建築事業本部設備・BLC本部設備技術部副部長

(五十音順、敬称略)

 

問 合 せ 先

 ご質問・ご相談・パンフレットのご希望等ございましたら、下記担当までご連絡下さい。

 公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA) 事業推進部(事業開発部より改称)

 TEL03-5408-9830  FAX03-5408-9840