大成設備株式会社

■会社情報

本社所在地
163-0245
東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル45階
ホームページ
http://www.taisei-setsubi.jp
主な事業内容
当社は、空気調和設備工事、給排水衛生設備工事、電気設備工事、リニューアル工事、内装工事の各分野を専門とし設計・施工を行う総合設備工事会社です。


 

 

■ビルのロングライフ化に向けた取組み
 
@取組みの基本方針
建築物を資産として有効利用しつつ、そのロングライフ化に努め、持続可能な社会の形成に貢献します。
 当社は、全社を挙げてビルのロングライフ化に努めております。ロングライフを考慮したビルの企画、設計、施工を行うのはもちろん、ビルが竣工してからも、診断、リスク評価、リニューアル等、ビルオーナーの皆様のお役に立つ様々な提案を行います。
建築物のライフサイクル(企画・設計・建設→運用管理→解体)の各過程において、新しい技術・機器・部材等の開発・活用を図りつつ、物理的劣化、ニーズ の変化、技術革新等に対応しつつ適切にマネジメントして、建築物のロングライフの実現に努めます。
 今ある建物をより長く快適に使用していただくために、当社では、ハード・ソフト両面から確かな診断を行い、それに基づき長期修繕計画、省エネルギー技術等の導入提案を積極的に行います。また当社は、空調設備工事、衛生設備工事、電気設備工事とともに内装工事を含めたすべてのリニューアル工事をワンストップサービス(一度の手続き・一つの窓口)で一括施工を行うことができます。総合設備工事会社として建築物のロングライフの実現に貢献します。
建築物の企画・設計・建設に関し、建築物のライフサイクルにわたるコストの低減、環境負荷の縮減、維持保全の容易性とフレキシビリティの確保に努めます
 当社では、品質(ISO9001)と環境(ISO14001)を統合させた当社独自の統合マネジメントシステム(IMS)を構築し、高品質な環境事業を実現しています。また、お客様の建物に関しても統合マネジメントシステム(IMS)をベースにライフサイクルに配慮した施設づくりに努めます。
建築物の運用管理に関し、コストの低減や環境負荷の縮減に配慮しつつ、維持保全計画に基づいて運用・保全(修繕、更新)するとともに、ニーズの変化、技術革新等に対応してバリューアップ(改修)に努めます。
 当社では、劣化診断及び省エネルギー診断にて既存設備の調査を行い、劣化状況や無駄を発見し、効率的な運転方法や、費用対効果の高い最適な設備改善策等、環境にやさしくコストの削減にもつながる省エネルギー改修を提案します。また、お客様のコスト負担を軽減する為、CO2削減、省エネルギー等を対象とした補助金制度をご紹介し、補助金申請の選定・申請書類作成・省エネ計算等の代行を協力させて頂きます。
建築物のロングライフの実現に向けた適切なライフサイクルマネジメントのために、不断に、企画力・技術力の向上、人材の育成に努めます。
 当社では、企業人の基礎となるコンプライアンス意識を植えつけるための教育をはじめとして、 社員として備えるべき知識・技術・ノウハウを積極的に吸収できるよう、実務能力の向上を図るため、 教育・研修制度を整えています。また当社は、社員のスキルアップに努めるとともに、BELCA資格をはじめとしてビルのロングライフ化、持続可能な社会の形成に役立つ資格の取得を社員に奨励しています。


Aビルのロングライフ化に関係する事業
  ●大成設備のリニューアルソリューション
 快適で安全な建物環境を維持し、建物が有効な社会資産として長期に価値を保ち続けるために大成設備のリニューアルソリューションでお応えします。
 「建物の資産価値を向上させたい」「有効スペースを広くしたい」「ランニングコストを最小化したい」などお客様の様々な課題・ニーズに対し、施設現況やお客様の置かれた状況をよく把握し、最適なリニューアル技術とサービスをご提案します。


Bビルのロングライフ化に関係する資格者
 ●BELCA資格保有者数
建築設備診断技術者 3人
 ●その他の資格者数
・技術士         10
・1級建築士 8
・設備設計1級建築士    4
・建築設備士 37
・1級建築施工管理技士 19
・1級管工事施工管理技士 276
・1級電気工事施工管理技士 109
・消防設備士 152
全て2016731日現在

  

Cビルのロングライフ化に関係する技術
  ●リニューアル技術
・ワンストップサービス
 空調設備工事、衛生設備工事、電気設備工事とともに内装工事を含めたすべてのリニューアル工事をワンストップサービス(一度の手続き、一つの窓口)で一括対応します。
・劣化診断評価
 当社は、各種劣化診断技術を活用し建物設備の劣化状況を的確に把握します。そして、LCC(ライフ・サイクル・コスト)を最小化するための評価を行い、省エネやコスト削減も含めた保守・更新計画をご提案します。(予備調査 〜 一次診断 〜 二次診断 〜 保守・更新提案)
・省エネルギー提案
 省エネルギー診断で現状設備の調査やエネルギー計測を行い、劣化状況やムダを発見し、効果的な運転方法をご提示します。次に、電気、空調、給排水など、あらゆる分野の省エネの可能性を徹底的に追求し、費用対効果の高い最適な設備改善策をご提案します。
・長期修繕計画
 長期にわたり建物をより良い状態で維持・管理していくには、早い時期から定期的に診断を実施し、診断結果を基にした長期修繕計画を立案し、その計画に基づいて改修・更新計画を策定し、予防保全による信頼性の維持や向上、エネルギーコストの削減を目指していくことが重要になります。劣化診断評価・省エネルギー提案も含め、当社にて長期修繕計画を作成いたします。
   大成グループの最新技術
大成グループのビルのロングライフ化につながる主な環境技術です。
 T-Smart Focus(次世代人検知センサー)
 ・T-Breeze Floor System (全面床吹出し空調システム)
 ・T-Smart Air(スマート自然換気システム)
 ・T-Soleil (太陽光採光システム)
●詳しくは、当社のホームページ http://www.taisei-setsubi.jpをご覧ください。

Dビルのロングライフ化に関するその他の情報

当社は、大成建設グループの一員として、グループの総合力を生かして、建築物のロングライフ化に努め、持続可能な社会に向けて貢献を果たすことが企業としての社会的責任であると認識しています。

お客様の大切な建物を社会資産として長期に価値を保ち続けるために、グループの貴重な経験と総合技術力でロングライフ化のご要望にお答えいたします。

連絡先等の詳細につきましては、当社のホームページ http://www.taisei-setsubi.jpをご覧ください。