サンケイビル株式会社

■会社情報

本社所在地
100-0004
千代田区大手町1-7-2
東京サンケイビル16F
ホームページ
http://www.sankeibldg.co.jp/
事業内容
 オフィスビル・商業施設等の開発・賃貸・管理運営、分譲マンション・賃貸レジデンスの開発・管理運営、収益用不動産の開発・取得、貸会議室の運営、有料老人ホームの経営、ホテルの経営 他

■ビルのロングライフ化に向けた取組み

@取組みの基本方針
建築物を資産として有効利用しつつ、そのロングライフ化に努め、持続可能な社会の形成に貢献します。
 当社は、環境理念・環境方針を定め、全社を挙げて「環境との共生」を目指し、行動しています。持続可能な社会を形成するために、資源、施設及び設備の再利用・長寿命化を目的とした事業活動を行っています。
建築物のライフサイクル(企画・設計・建設→運用管理→解体)の各過程において、新しい技術・機器・部材等の開発・活用を図りつつ、物理的劣化、ニーズ の変化、技術革新等に対応しつつ適切にマネジメントして、建築物のロングライフの実現に努めます。
 当社は、建築物のライフサイクルの各場面において、関係各社のご協力の下、新技術の動向やテナントニーズを把握し、具現化することにより、建物のロングライフの実現を目指しています。
建築物の企画・設計・建設に関し、建築物のライフサイクルにわたるコストの低減、環境負荷の縮減、維持保全の容易性とフレキシビリティの確保に努めます。
 当社は、建物開発時において、環境方針に則った環境管理体制の下、環境負荷の縮減、維持保全の容易性を満足した建物を建設するよう、設計・工事関係者と共に尽力しています。
建築物の運用管理に関し、コストの低減や環境負荷の縮減に配慮しつつ、維持保全計画に基づいて運用・保全(修繕、更新)するとともに、ニーズの変化、技術革新等に対応してバリューアップ(改修)に努めます。
 当社は、運用管理について、建築物の物理的劣化、ニーズの変化に対応するため、長期、中期、短期の予防保全計画を策定し、実行しています。予防保全計画では、新しい技術を採用し、建築物のロングライフ化に努めています。
建築物のロングライフの実現に向けた適切なライフサイクルマネジメントのために、不断に、企画力・技術力の向上、人材の育成に努めます。
 当社は、環境教育により環境に対する社内外の意識を高め、内部監査、経営者による見直し等を通じ管理体制を継続して改善しています。BELCA資格をはじめとして、ビルのロングライフ化に役立つ資格の取得を社員に奨励しています。

Aビルのロングライフ化に関係する事業
 当社は総合デベロッパーとして、建物の賃貸事業、住宅の分譲事業、建物開発物件の売却事業等を行っております。全ての事業は建物がベースになっていることから、長期間使用することができるビルを建設・維持することが事業の前提となっております。
 建物建設においては、設計事務所、ゼネコン、メーカー等と共に、安全性、信頼性、メンテナンス性、利便性の良い建物を建築し、長期使用に必要な要素を備えるよう努めております。
 建物維持においては、長期、中期、短期の予防保全計画を策定した上で、日常の保守・点検結果をフィードバックし、社会的劣化、物理的な劣化に対応しております。その作業を継続する事により、建物の商品的な価値の劣化を最小限にし、ご利用頂いているテナント様にご満足頂けるよう努めております。

Aビルのロングライフ化に関係する事業
Bビルのロングライフ化に関係する資格者
●BELCA資格保有者数
建築設備診断技術者 2
●その他の資格者数
・ファシリティマネジャー 19人
・特殊建築物調査資格者 7人
・1級建築士 22人
・建築設備士  1人
・1級建築施工管理技士 12人 

Cビルのロングライフ化に関係する技術
 建物の商品的価値の減少を最小限にするため、適正に保守、点検、営繕工事、資本的支出を実施しております。