BELCAセミナー

建築設備システム診断演習セミナー

 

 

建築設備の多くは、それぞれの設備機器単体で建築設備としての機能・性能を発揮するのではなく、複数の機器や配管等で構成する“建築設備システム”として機能・性能を発揮しています。このため、予防保全のために建築設備の劣化状況を診断するには、建築設備システムとしての劣化状況を診断することが必要です。

このため、従来から、建築設備の診断は総合的に行う必要があると言われてきましたが、どのように総合性を確保するかは診断者に委ねられ、客観性を欠くことになりかねないものでした。

そこでBELCAでは、建築設備システムを診断の対象として、物理的劣化や社会的劣化に関する様々な項目を網羅的、かつ、客観性をもって評価することができる総合的な診断要領を開発し、「建築設備システム診断要領」として刊行しております。

 

この「建築設備システム診断要領」においては、診断項目が多岐にわたり膨大な作業量となる建築設備システム診断を容易に行うことができるよう、診断補助ソフトを付録しました。

そこで、建築設備システム診断の必要性や考え方、診断手順について解説するとともに、診断補助ソフトを用いてモデル建物の建築設備システム診断の演習を行い、実務でご活用いただけるよう、本演習セミナーを開催することといたしました。

建築設備に関係される技術者の皆様は、是非ご参加ください。

 セミナー概要

 

 

 

主  催

公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA

開催日時

平成271216日(水) 13301735(開場1300

開催場所

BELCA会議室

定  員

30名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます。)

 

(税込)

一般

16,000

BELCA特別会員、BELCA賛助会員

BELCA正会員BELCA資格者

8,000

 

テキスト

「建築設備システム診断要領」(平成263月)

テキスト代

(税込)

一般

23,760

BELCA特別会員、BELCA賛助会員

16,200

BELCA正会員BELCA資格者

既にお持ちの方は当日お持ち下さい。(貸し出しはいたしません。)

ノートパソコン

演習課題用にノートパソコンの持込みが必須です。

お持ちでない方用にノートパソコンのレンタルのご用意もあります。

レンタル料(税込)

10,000

 

プログラム

(予 定)

 

 

 

 

プログラム

講 師※

時 間

(1)主催者挨拶

13:3013:35

(2)プログラム1

「建築設備システム診断要領の概説」

横手氏

13:3514:05

(3)プログラム2

「診断補助ソフトの使い方」

BELCA

事務局

14:0514:35

休憩(10分)

14:3514:45

(4)プログラム3

「建築設備システム診断における診断補助ソフト活用演習」

@劣化状況の判定及び診断補助ソフトへの判定値入力演習

A診断結果のアウトプット演習

B重みカスタマイズ等演習

横手氏

牧野氏

齋藤氏

14:4517:25

(5)質疑応答

17:2517:35

※講師詳細

・清水建設株式会社 

設備・BLC本部設備技術部 副部長

横手 幸伸  

(建築設備システム診断要領作成委員会 副委員長)

・新菱冷熱工業株式会社 

都市環境事業部 設計二部 部長補

牧野 眞司  

(建築設備システム診断要領作成委員会 委員)

・株式会社関電工 

営業統括本部 エンジニアリング部

齋藤 祐司  

(建築設備システム診断要領作成委員会 電気設備ワーキンググループ委員)

備  考

 

 セミナー申込

 

 

 

 

申込方法

申込用紙をダウンロードし、所定事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

申込用紙ダウンロード

お申し込み後。折り返し、FAXもしくはEメールにて「参加票」及び「参加費のお振込先」を送信いたします。お手数ですが、お申し込みから1週間以上ご連絡等が無い場合には、事務局までお問い合わせください。

 

公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA

 FAX03-5408-9840TEL03-5408-9830

E-mailbelca@belca.or.jp

 

 お問い合わせ先

 

 

 

 

BELCA

事務局

開発研究部

 TEL03-5408-9830

 E-MAILbelca@belca.or.jp