タイル外壁及びモルタル塗り外壁

定期的診断マニュアル(改訂第3版)

 

● 本書の概要

 

 本書は、建設省住宅局建築技術審査委員会で平成2年に制定された「剥落による災害防止のためのタイル外壁、モルタル塗り外壁診断指針」(以下「外壁診断指針」)の実務用のマニュアルとして、平成9年に初版を発行し、平成14年に赤外線装置に係る手直し等を行った第二版を発行してきました。

 この度、建築基準法第121項の「特殊建築物等定期調査報告制度」の調査方法に係る平成20年国土交通省告示第282号が示され、「外壁診断指針」の「定期的外壁診断」と密接な関係が生じてきたため、双方が円滑に実施・活用されるようその関係について追記致しました。

 また、告示で示された「全面打診等」の実施段階で、「赤外線装置法」がこれまで以上に普及することが想定され、前回改訂以降の状況を見直すと共に、「赤外線装置法」の適用範囲及び「打診法との併用の必要性」等を深く理解できるよう内容を充実し、第三版として刊行致しました。

 診断の実務において本書を活用することにより、技術レベルの安定化を図り、適正な診断によるタイル外壁及びモルタル塗り外壁の剥落による災害を、未然に防止できることを切に願います。

 

● 主な内容(A4判 約85頁)

 

1章 定期的な外壁診断の進め方

定期的外壁診断調査の依頼から、予備調査、診断レベルと診断方法の選択、診断計画・見積の作成並びに診断の実施と補修の提案に至る過程の説明

 

2章 予備調査

診断計画作成及び診断費用の算定に必要な調査項目並びに予備調査時の要注意点の説明

 

3章 診断計画、見積及び契約

診断計画の注意事項と計画書の例、診断見積と契約について説明

 

4章 診断の実施

@ 外観目視法、A 打診法、B 赤外線装置法について説明

 

5章 接着力試験

引張接着強度を測定する接着力試験について、引張試験機の説明や実施時の注意事項等について説明

 

6章 評価・判定

予備調査、診断レベルT、Uの診断結果に対する評価・判定について説明

 

参考資料

外壁診断指針(原文)、定期報告制度との関係、赤外線装置法の詳細等、本書に関係する必要な資料を掲載

 

● 購入申込

 

 ● 価格(税込)


 ● 申込方法

 ● 申込用紙

 ● お支払方法

 

 

 ● 申込先

 

 

平成26年4月1日注文分から
定価(一般):2,260円/会員等価格:1,740円(BELCA会員・BELCA資格者)/送料:一律410円

下記<申込用紙>をダウンロードし、所定事項をご記入の上、FAXにてご送信ください。

ダウンロード(PDF)

書籍発送時にご請求書を添付致します。到着後、次のいずれかにてお手続きをお願いします。

  ・ 銀行振込…請求書に記載の口座へお振込下さい。

  ・ 現金書留…請求金額分(書籍代+送料)を現金書留にてお送り下さい。

公益社団法人 ロングライフビル推進協会(BELCA)

(旧 社団法人 建築・設備維持保全推進協会)

FAX 03-5408-9840  TEL 03-5408-9830  E-mail  belca@belca.or.jp